忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
松井秀喜エンゼルス移籍で、広島カープの嶋はあせっているのではないか?(笑)

P1080487

これで、松井は再びアブレイユと同じチームでプレーできるね。
アブちゃんとは同い年だし、ヤンキースから放出された境遇も同じだし、同じ外野手で、左打者だし共通点も多いし、友情も深まるだろう(笑)。
まあ、アブレイユの場合は結果的にタシェアラとのバーターになっちゃった訳だけど、タシェアラはジアンビまで追い出して、それを補って余りある活躍をしたもんだからヤンキースのチーム編成も良く考えられとるわい。

ヤンキースの5番は恐らく、キャッチングが下手くそなポサーダあたりが入るんだろうけど(キャッチャーはモリーナでしょうね)、松井のような勝負強さやフォアザチームのバッティングは期待できないだろう。
Aロッドも勝負してもらえない場面が増えるだろうから、ワールドシリーズ連覇は難しいかな。
ヤンキースで一番残念がってるのはCCサバシアだろう(笑)。松井の援護をドンだけもらったことか。。。

松井はゲレーロの後釜として4番が噂されてるけど、エンゼルスの4番はハンターに任せて、松井は5番のほうが、3番のアブレイユとのトリオでジグザグ打線が組めていいんではなかろうか。

他にも、クリフ・リーがマリナーズへ移籍したり、ハラデーがフィリーズへ移籍したり、驚きの移籍が実現されている。
これもメジャーならでわってことでしょうな。


来シーズンもMLBから目が離せませんな。

 
PR
ヤンキースのチームメイトはかねてから、口々にこう言っている。
「マツイほどナイスガイはいない」

遂にヤンキースがワールドシリーズを制覇した訳で御座います。
新球場で決めるあたりがさすがです。
何といっても、松井の活躍なしにこの栄光はなかったでしょう。
ワールドシリーズという、これ以上ない最高の舞台で、MVPの大活躍です!
しかも、3本放った本塁打が、ことごとく貴重な場面で出ていて価値ある一発ばかりっつーのがスゴイ!
そいで、あんだけ活躍しといて、実にクールってのがすばらしい。
黙々と仕事をこなし、それでいて慎ましい。
カッケーよ!松井!

松井よくやった!

まあ、今シーズンのヤンキースは新戦力が活躍してくれた。
CCサバシア、バーネットが昨年20勝のムースの抜けた穴を完璧にうめ、タシェアラの打撃もチームを支えたし、守備でも貢献した。
前から、ヤンキースは投手陣が整えば優勝間違いなしと思ってはいたが、今年は打撃も素晴らしかった。
シーズン開幕直後は、ブルージェイズに首位を走られたり、宿敵レッドソックスに8連敗したりと色々あったけど、一旦首位に立ってからは強さを発揮し続けてくれた。
リベラ、ペティット、ポサダら年齢層も高くなったが、よく頑張った!
この三人、WS制覇を花道にして引退しそうな気も。。。

今シーズンの松井の貢献は特筆すべきものがあった!
DHと代打のみの出場ながら、ベケット、ハラデーらの大リーグを代表する好投手から値千金の本塁打を放っている!しかも要所で!
今日も、因縁のペドロ・マルチネスからイキナシ本塁打を決め、ドン・ジマーも喜んでいるに違いない(笑)。

スタインブレナーさーん、契約延長する気になりましたかー?(笑)
松井にとっては、獲得の検討が噂されるレッドソックスでも、グリーンモンスターがあるからレフトの守備なら負担がすくないから悪い話じゃないかもしれないなぁ。

そんなこんなで、いけnet君もこう言いたい。
松井ほどナイスガイはいない。
久々にMLBネタ行きましょか。
何気にヤンキースびいきの、いけnet君である。

今日、BSでヤンキースVSレッドソックスやっとったけど、今日も途中まではいい試合でした。
結果は5-0でヤンキースの完勝だった訳ですけど、途中までは緊迫感もあったナイスゲームでした。
今日は、CCサバシアの好投につきますな。
中継ぎの、ヒューズとかロバートソンなんかも去年よりも成長が見られて、いい感じである。
ヒューズなんて、先発でダメダメだったんだけど、中継ぎで短いイニングならスンゲー球投げる訳だから、セットアッパーとしてはピッタシだ!
3年くらい前のチェンバレン並に活躍して欲しいね。

今日なんか、8回の裏にジーターがダメ押し本塁打打っちゃうもんだから、クローザーのリベラの出番がなくなっちゃって、リベラ本人も残念がってたように見えたけど、こちらもリベラの快投が見れなくて残念なほどだ(笑)。
これで、ヤンキースはガッチリ首位固めです。

夏バテ

ところで、このカード、前半戦ではレッドソックスの8連勝という、信じられない結果だった訳です。
中には、レッドソックスの奇跡的な勝利なんかもあったんですけど、ライバル対決にはありえない一方的な結果でしたね。
このヤンキース戦の勝ち越しで、何とかレッドソックスは首位戦線に加わってた訳で、ヤンキース戦の勝ち越しがなかったら、今シーズンはヤバかっただろう。
ただでさえ、松阪の不調でレッドソックスは先発陣がヤバいのに、ナックルボウラーのウェイクフィールドまで欠いちゃったから大変だ。
ケツにはレイズが忍びよっとるし、フランコーナは頭が痛いわな。

しかし、ヤンキースのレッドソックス戦3連勝で、このカードの成績もヤンキースの3勝8敗となり、明日の試合も勝つとすれば、4勝となり「一方的にやられた感」が薄らいでいく(笑)。
目下、ヤンキースは6連勝で、レッドソックスは5連敗と両者の勢いは対照的で、レッドソックスは気の毒でさえある。
エースのベケットでも勝てないし、ペドロイアも不調だし、田沢は未知数だし、チーム状態は最悪だろう。
レッドソックスとしては、松阪の回復を待って、反撃に出るしかあるまい。

一方のヤンキースは、新戦力のCCサバシアやバーネット、タシェアラ、スウィッシャーらが活躍してくれて、地区優勝は大丈夫だろう。
問題は、Aロッドの復調と、ジラルディの采配だ(笑)。
松井も頑張ってるし、もしかしたら井川も昇格するかもしれない(笑)。
松井も素晴らしい活躍で、再評価されてヤンキース残留なんて事もあるかも!

やはり、目が離せないのがメジャーですな。
あーあ、レッドソックス負けちゃったー
第5戦で7点差をひっくり返した時は驚いたと同時に笑ってしまったけど、スゲく面白いシリーズでしたな。

だいたい、何で万年最下位のチームが優勝するという、映画「メジャーリーグ」みたいな事が起きるのか?
それは、メジャーの極めて公平なドラフト制度があるからのようですな。

IMGP2924

ポストシリーズで大活躍のルーキーで4番のロンゴリアとか、危なっかしい守備だけどよく打つ2番のアプトンとかドラフト上位で指名した選手が大活躍である。

昔の広島カープがドラフトで小早川とか津田とか野村謙二郎とかドラ1の選手が活躍して優勝したみたいな感じであろうか。
しかも、メジャーの場合、完全ウェーバー制で松井や野茂や松坂みたいに抽選ってものが無い!
つまり、弱いチームほど良い選手を獲得できるのだ!
これはハッキリ言ってデカイ。
万年最下位だったということは、かなり良い選手をずーーーーーーと獲得できたっつーこった。
ロンゴリアなんかエラーしてもシャーシャーとして大物の風格があるし、もう数年したらヤンキースからお呼びがかかるだろう(笑)。

FA制度が出来た今、完全ウェーバー制にしない方がおかしくないだろうか?
狭い日本でもワケの分からないドラフト制度を早く改正して弱いチームにスンゲー選手が行くようにしないとますます不人気になりますゾ。
レッドソックス対レイズで、レッドソックス先勝しましたね。
松坂君、いいピッチングしましたなぁー!
2年連続のワールドシリーズ制覇も見えてきましたぞ。

レイズも何で強いのか未だに良く分からんが、勢いだけはスゴイのう。
岩村の「何苦礎魂」(中西太大先生のお言葉)が浸透しとるんかいな。
「何事も苦しみが礎となる」ええ言葉ですな。

Stray Cat #2

そいで仮にレッドソックスがアリーグ代表となるとして、ナリーグ代表に進出して欲しいのは何と言ってもドジャースである。

何でかって?
黒田のピッチングが見たいのもあるけど、元レッドソックスのラミレスと松坂やベケット、パペルボンらのレッドソックス投手陣との対決が見たいからだ(笑)。

ドジャースは11日時点でフィリーズに0勝2敗と苦しいが、4勝しなければならないんだから、まだまだ分からんぞ。

それにしても、元ヤンキース監督のジョー・トーリの下でマニー・ラミレスが働くなんて去年まで想像だに出来なかった事だ(笑)。
ラミレス、トーリ監督の散髪指令守らんし(笑)。

レッドソックスにとっては、嫌な相手だろうが、見ている方はとっても面白い(笑)。
これだから大リーグは面白れえんだよな。
まあ、オリンピック期間中だからしょうがないと言えばしょうがないのだが、大リーグが見れないのが残念だ。
何せ、今、大変なことになっているのだ。

後半、ロケットスタートを切った、我がヤンキースであるが、その後一気に失速し(笑)、レイズの尻尾は捕まりそうにない。
頼みのチェンバレンが故障し、松井が復帰したけれど、勢いが出ないなぁ。
 
一方、アリーグ東地区首位のレイズの勢いもそんなに続かないだろうと思っていたが、何と元気者のロンゴリアを欠いてるっちゅうのに絶好調だ。
今メジャー最強と思われるエンゼルスにもフツーに勝っちゃうし、もう優勝は間違いないだろう。
レッドソックスもラミレスを欠いては追いつけないのではないだろうか?

もう、ヤンキースに残された道は昨年同様、ワイルドカードしかないかも。
とりあえず、レイズは放って置いて、ワイルドカードのライバルと目されるレッドソックスだけは叩いておかなければならないな。

wood pillow
 

中国ではメジャーよりレベルの低い試合を世界一決定戦としてやってるけど、どうなのかな。
サッカーみたいに、23歳以下にするか、アマチュアに戻した方がいいんじゃないの?

プロをずらりと揃えて、事前合宿までやって負けるって、野球ってコワヒね(笑)。
だから、短期決戦向きでない人を監督にするべきでないと言っていたのだ。
短期決戦には策士が必要だったかもね。
上野みたいに、ダルビッシュ3連投とか(笑)。
マジでメダルを取った国は、どの国も強かった。
でも、これだから野球は面白い。

WBCの監督、誰がやんのかね?
遂に、ノムさんの出番か?
スゴイね。
大型トレードっても、ケタ違いだ。
先日のリッチー・セクソンの移籍なんかと規模が違う(笑)。
急転直下で、大物の移籍が次々と決まっていく。
そして、決まるや否や、翌日から移籍したチームで出場である。
メジャーってスゴイわ。

“リアル殿馬”レッドソックスのマニー・ラミレスは唐突に三角トレードでドジャースに移籍である。ビックリである。
グリーンモンスターの番人が、西海岸へねぇー。
青いユニホームが似合うわけもない、と思っていたけれどまんざらでもない気がして来た(笑)。
フェンウェイパークでは、三角トレードでやってきたベイが早速サヨナラ勝ちのお膳立ちをして、「マニーって誰だっけ?」ってプラカードまで見えたから、メジャーのファンの変わり身も早い(笑)。

IMGP0513

そして、ヤンキースにはポサダの穴埋めとして、現役ナンバーワンではないかと思える名キャッチャー・イバン・ロドリゲスを獲得してしまった!
モリーナ、結構頑張ってたんですけど。。。
変わりに、セットアッパーのファーンズ・ワースを放出しちゃって大丈夫なのかな?
ルーキーのロバートソンが穴埋めすんのかね?
パイレーツから獲得したネイディも松井の穴埋めとして、そこそこやるだろう。
レッドソックスの破壊力が低下しただけに、地区優勝も夢ではないぞ。

その外、ケン・グリフィーとか、総入れ替え的に動いたパイレーツとか、サプライズには事欠かないのがメジャーだな。
それにしても、イチロー率いるマリナーズも、もっと動いても良かったんじゃないのかね?(笑)
オールスター戦も終わり、後半戦開幕後、6連勝と破竹の勢いのヤンキースである。
いままでの体たらくは何だったのかという気さえしてくる(笑)。
ムース(ムッシーナ)は安定して13勝目を挙げ、キャリアハイの20勝も狙えるところまできたし、ペティットも安定してきたように見える。
チェンバレンだって、打線の援護と球数が抑えられればガンガン勝つだろうし、意外と新戦力のポンソンなんか頑張ってくれそうだ。
セットアッパーにしてもルーキーのロバートソンが結構イケるし、ファーンズワースだってやるときゃやってくれそうだ。特にロバートソンは球速いし、昨年のチェンバレン並に活躍しそうな雰囲気を持っている。
今年のリベラは安定してるから中継ぎが頑張れば投手陣はイケそうな気がしてきた。

IMGP0610'

打者で注目は何といっても、マリナーズをクビになったリッチー・セクソンだ(笑)。
後半の開幕戦でセクソンが5番を打っているのを見て何かの間違いではないかと思ったくらいだ(笑)。だが、いきなり打点を挙げてくれて獲得した恩に報いようとの気概は感じ取れた。
左投手対策で雇われたのだろうけど、まだヤンキースファンの心は掴んでいないだろうし、ファンもどう反応していいか分からない段階だろうけど、ガンガン打てば自然と人気も出るだろう。
ルーキーのクリスチャンが代走で出てきて盗塁でいきなりコケタ時にはどうなるかと思ったけど、その試合も結局勝ったから本人も安心しただろう。
ガードナーも機動力のないヤンキースには貴重な戦力になりつつあるし、セクソンの加入に刺激を受けたジアンビもより一層ニラミが効くようになるだろう。

そんなこんなで今年もやはり自力に勝るレッドソックスとヤンキースが東部地区の優勝争いを演じるんだろうな。
レイズは頑張ってるけど、シーズンを通して今の勢いが続くとは思えない。
あとは松井がポストシーズンに代打でいいから間に合うかどうかが気がかりだ。
ポサダの肩が直って、王建民も間に合えば、ポストシーズンでのヤンキースの戦力はとんでもないことになりそうだぞ(笑)。
野茂と飲みたい。マジで。
酒を酌み交わしたい。
酒の銘柄は何でもいい。大関のものもでいい。
夜を徹して語り合いたい。
いろんなことを聞きたい。

鈴木啓示はともかく、森監督も嫌いでしょうとか、日本のマスコミの会見を受けずブログで発表するのは痛快ですねとか、ラソーダとピネラはタイプ似てました?とか、ルーキーイヤーの年、渡辺久信との最多勝争いのとき、同点での9回表のリリーフに勝ち星目的で渡辺久信が登板したときセコイと思いましたか?とか、佐野元春ってイイッスよねとか、A・ロッドと全盛期のケン・グリフィーJrはどっちが凄かったですか?とか、今でも井川よりは投げれるでしょうとか、今年のレイズは頑張ってますねとか聞きたい。
そして、私も徳光和夫嫌いなんですとか、初の4年連続最多勝とか、唯一の日米新人賞受賞の快挙とか、メジャー日本人初本塁打とか、2度にわたるNHNR達成とかの前人未到の大記録は素晴らしすぎるとか、野茂さんが頑張っていたのを励みに私も頑張ってたんですとか、近鉄って球団としては最低でしたねとか、男・石井浩郎は結構いいところで打ってくれましたよねとか言いたい。

饒舌な長谷川慈利やイチローなどと違って、口下手な野茂には酒を飲まして口を滑らかにすれば、メチャクチャ面白い人だと思うのだ。
都合のいい部分だけ切り取るマスコミに話さないようなことも喋ってくれそうだ。

mico

誰しも引退の時は必ず来る。
ハッキリ言って、デビルレイズの頃から野茂はやばかったけど、ヒジを痛めていたから仕方がなかった。
未練がありながらもスパッと辞めるのが野茂らしい。

大リーグを渡り歩いた野茂には引退試合をやってくれる球団はないだろうから、西本の時みたいに有志による引退試合をやって欲しい。
当然、マスコミはシャットアウトである。
メンバーは吉井理人、石井浩郎、赤堀、立花龍二、ピアッツア、ブライアント、石橋貴明、木田優夫、佐野重樹ら野茂と縁のある人間を集めたい。
そして、そんなイカした試合が実現するなら見に行きたい。
何気にヤンキースびいきの、いけnet君である。

であるからして、最近のヤンキースの不調ブリがとても気になる。
開幕からの不調を何とか盛り返し、星を5割に戻し、レイズ&レッドソックスを追撃するはずが、中々波に乗れない。
(大体、何でレイズがそんなに強いんじゃい?)

開幕から、A・ロッドの穴を松井がカバーしてきたが、その松井の膝が悪化で、復帰もいつになるか分からないぞ。
最悪オールスター出られないかも。せっかくヤンキーススタジアムでやんのに。
そいでもって、デーモンまで怪我とは。。。
ポサーダが復帰したっつーのにねぇ。

1番は誰が打つのかね?
やっぱ、ジーター?それともカブレーラかカノーあたりを抜擢するか?

肝心の打線がガタガタではこれから追い上げ厳しいぞー。
もう、A・ロッドが信じられないくらいボカスカ打つしかないのう。
そのA・ロッドだけど、マドンナと噂になっているような場合ではないっつーの。

IMGP9878

ジラルディも頭が痛いところだろう。
なにせ、投手陣も手薄すぎる。

王建民は怪我するし、期待していたケネディやヒューズはボカスカ打たれるし、井川に至っては使い物にならないし(笑)。。。
チェンバレンの先発転向も成功とは言えないし、ペティットも波が激しすぎる。
ムースが勝ち頭っつーくらいだから、若手もっと出て来いって!

なにもかもがうまく行かないヤンキースである。

あー、こうなってくると、ジアンビのあの、ちょびヒゲにまで文句を言いたくなるから不思議だ(笑)。