忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
<B>お前らアブねーぞ!</b>
季節は秋になり、日も暮れるのが早くなった訳であるが、暗がりの中でスタコラサッサと競歩バリに散歩している人々を見かける。しかも結構大勢。中には集団で散歩(ウォーキングと言うべきか?)をしている人たちもいる。
この人々の危ない点は、周りに注意する能力が欠如しているのではないかと思わせる点だ。ただでさえ、現代の人間は危険回避能力が衰えていると言うのに、更にノウテンキに交通ラッシュの危険極まりない夕暮れの中でお散歩である。
ただ、彼らの身に立つとダイエットか健康管理か解らないが、人目を忍んでの努力と言うのも解らないではない。そう言った陰の努力と言うものは人に見られなくないものである。だからと言って危険と背中合わせの状況の中でお散歩と言うのはいかがなものか?
そこで、いけnet君は提案する。夕方お散歩する奴は、夜光タスキをかけるか、懐中電灯を手にしてドライバーに存在を明らかにして歩けー!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字