忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
先日の片鉄ロマン街道ライドで、ローディーの皆さんに全く付いてイケなかった、いけnet君でございました。
そりゃ、クロスバイクだし、付いてるタイヤが700×32Cだし、回すのに力がいるんだよなぁ。
ゆっくりポタリングするには適しているんだけど、スピードを出したい時に足かせになるんだよなー。

そこで、タイヤを細くして、転がり抵抗を少なくしたくなったのであります。
タイヤを細くすると、スピード性を手に入れるのと引き換えにクッション性が失われる訳ですが、承知之助でやってみたくなりました(笑)。

そこで、「自転車 探険!」という有名サイトでタイヤの研究をしてみた。
一体、どこまで細いタイヤが取り付けられるのか?

▼TREK 7.3FXのホイールは、ETRTO表示で、622×15となっています。
ETRTO 622×15

リム幅が15mmなので、この幅の1.4~2.3倍が望ましいタイヤサイズって事です。
つまり、21~34.5が取り付け可能って事ですな。
今付いてるタイヤが、32Cだから取り付けれる範囲では太いタイプが付いている訳だ。

タイヤ幅をいくらにするか考えたけど、ロードバイクで一般的な23Cにしてみようかと思います。
カーボンフォークとかカーボンバックじゃないので、きっと、乗り味が硬くなると思いますけど、どうなるか人柱的にやってみたくなりました(笑)。

ちなみに、先ほどのサイトでは、32Cのタイヤの空気容積は1,091mlで、23Cのタイヤの空気容積は460mlなので、半分以下の量になります。
んー、こりゃ、クッション性は大分落ちるでしょうな。
あと、空気圧管理も今まで以上に大切になりそうです。

まあ、ものは試しでやってみるべ!です(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど
パンク対策の重要性を目の当たりにしましたので、気をつけます(笑)。
買う道具が増えそうですね。
いけnet 2009/06/08(Mon)21:58:15 編集
パンク
パンク対策を、お忘れなく。
会長さんの様にいつも回りに助けられる運の強い人は
別にして細いタイヤになると空気は抜けやすいです。
nerio 2009/06/08(Mon)12:19:04 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: