忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
先週の向日葵に続いて、今日はの撮影に行ってきました。
目的地は、高松城址公園です。

蓮の撮影は朝に限ります。
蓮は早朝から花が開き始め、昼には閉じてしまうのです。
そして、風が強くなってくると、花の形も崩れてくるので、形のいい蓮を撮影するのは至難の業です。
なんとか、午前中に高松城址公園に到着。

▼丁度、今が見頃ではないでしょうか♪
高松城址公園 #1

▼蓮の撮影は難しかったです。
蓮 #1 蓮 #2

▼曇り空だったのが残念でした。
蓮 #3

▼(左)K10D+FA43mmリミテッドで撮影。(右)奥に最上稲荷の鳥居が見えます。
蓮 #4 高松城址公園 #2

▼ここの蓮は、「宗治蓮」と呼ばれています。説明看板です。
宗治蓮

▼(左)水滴も絵になります。(右)数少なかった形の良さ気な蓮の花。
蓮 #5 蓮 #6

▼一面に咲いていて壮観でした。
高松城址公園 #3

高松城址は公園となっており、城は現存してませんが、清水宗治豊臣秀吉水攻めにされたことで、とみに有名です。
あの秀吉と、戦うのですから勇敢な武将だったのでしょう。
そして、最後には、自分の命と引き換えに、兵隊の命を守った名将です。
詳しくは、清水宗治公ウェブで。

辞世の句
「浮世をば今こそ渡れ武士(もののふ)の 名を高松の苔に残して」

▼清水宗治公の首塚に、辞世の句が刻まれた石碑。
高松城址公園 #4 高松城址公園 #5

清水宗治公のことを思いながら、蓮を見ると感慨深いものがありますね。
撮影の途中から、曇り空から雨模様に変わってきたので撤収しました。
ホントは撮影には、晴れた日の早朝が狙い目なんですけど、起きれるかどうか。。。

距離:25.6km
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Re:剣の道
宗治公は悲運の武将ですけど、立派な最後だったと思います。
辞世の句のとおり、歴史に名を刻む行動ですね。
公園は今でも綺麗に手入れされていて良かったです。
いけnet 2009/07/06(Mon)23:31:26 編集
剣の道
この当たりは、幼少の頃よく遊んだとろであるが確か少し北にいったところに、水攻めに使用した土手が今でも道路として残っています。宗治.水.蓮.浮世.因果なものです。
nerio 2009/07/06(Mon)12:46:05 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: