忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
[06/14 きっち]
[06/09 HG]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
読書が趣味という御仁も多いであろう。かく言う私もそうである。
しかし、風呂の中で読書するという御仁は多くないのではないか?
以前、エッセイストの<b>岸本葉子</b>が、風呂の中に腰だけつかり、汗びっしょりになりながら、タオルで汗を拭き本を持ち込んで読書しているというのを読んだことがある。また、Nステの<b>小宮の悦っちゃん</b>も風呂の中でNewsWeekなんかを読んでいるというのを聞いたことがある。
これを聞いて、<b>自分もやってみたくなった</b>のが、かれこれ7年くらい前であろうか。当時、この腰湯&読書にハマっていたのだが、それからやったりやらなかったりが続いていたが、この冬になってまた復活した。さらに、最近TVで松本清張のドラマをやっていて、知らない作品に面白いものがあり、<b><font color=#ff0000>もっと読みたいといった読書欲がさらに風呂での読書に拍車をかけた(笑)。</font></b>
風呂の中は、湿気が多いので本がヨレヨレになるのではないかと思いきや、意外に影響を受けないものである。それでも、風呂にハードカバーの本は持ち込まない。ペーパーバックの単行本が多いのだ。
長いこと、風呂に浸かっていると、汗がジワーッと出てくるのであるが、本が面白くなると、なかなか出る気にならなくなるのが困ったところである。松本清張の短編などを読んでいると、ページを読む進めるにつれ、ぐんぐんと引き込まれてしまい、<b>その短編を読み終わるまで風呂に浸かっていたくなってしまう</b>から大変だ(笑)。その昔、松坂慶子も風呂に1時間くらい入っていると聞いたことがあるが、自分も長いときは1時間以上も風呂に入っていることがある。温泉でないため、湯あたりしないのか、意外に平気である。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字