忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
風は吹いている。西から。最高気温は8度との予報。

ウィンドブレークタイツの性能を確かめるには最適やん。( ̄▼ ̄)

などと、アホなことを考えつつ、目的地を金光町の磐岩(いわむら)神社に設定。「磐岩」と書いて何故か「いわむら」と読む。いわいわ神社じゃありませんよ。ww

▼今日のバイクはトレっ君(TREK 7.3FX)だす。
TREK 7.3FX

今日は、こんな感じの曇りがちな天候。
風がアゲアゲな中を、西に向かって進んでいく。

JAGGADのウィンドブレークタイツはその名の通り、前面からの風の侵入をブレークしてくれたので、比較的快適に走っていられました♪

そうこうする内、目的地の磐岩神社に到着~。

磐岩神社 #1

磐岩神社 #2

▼中はこんな感じ。
磐岩神社 #3

▼本殿の奥には岩がゴロゴロ
磐岩神社 #4

▼このあたりは昔、入り江だったのか!
磐岩神社 #5

本殿の奥の小高い山を登っていくと、奇岩があるらしいのだが。。。

▼登りやすく穴をあけてくれている。
磐岩神社 #6

▼なにやら見えて来ました!
磐岩神社 #7

▼こ、これかっ!
磐岩神社 #8

▼左側は倒れないように別の岩によって支えられている
磐岩神社 #9

▼岩は二つに割れていて、その間にも別の岩が挟まれている
磐岩神社 #10

前からでは、木があって様子がわかりにくい。
すかさず、裏へ回ってみる。

磐岩神社 #11

なるほど、こうなっているのか!

磐岩神社 #12

これは、誰かが人工的に挟んだものなのか?しかし、どうやって?
写真では判りにくいんですけど、結構な大きさなのだ。

そして、何故か?近くにこんなものがっ!!

▼土俵です。
磐岩神社 #13

どうしてこんなところに土俵が??
誰かがここで相撲をとるのか?
もしかして、力士のような力持ちが先ほどの岩を挟み込んだのか?

磐岩神社 #14

▼外にも奇岩がたくさんありました。
磐岩神社 #15 磐岩神社 #16

▼金光の町の景色が見える
磐岩神社 #17

磐岩神社 #18

▼場所的にはココです
磐岩神社 #19磐岩神社 #20

謎が多いスポットでした~。
気になる奇岩も見れたので、帰ることに。

▼いつもながら思うが、この遥照山手前の100円自動販売機はありがたい。
100yen

帰りは追い風で比較的楽に帰ってこれました~( ̄∀ ̄)

▼帰る頃には青空に変わりました。
TREK 7.3FX

こんな感じで、今日もアホライド完了でぃーす。

距離:93.2km

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←ポチっとお願いします。 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>わいださん
どうも、はじめまして!
くじら岩という名前でしたか。何か割れ方とか、挟まってた岩とか神がかっていた岩でしたね。なるほど子供の遊びに丁度いいかも。
そして、あの土俵ではちゃんと相撲をとってたんですね。しかし、あそこまでわざわざ登って相撲をとるのが謎ですね。。。
いろいろと情報、ありがとう御座います。
いけnet 2012/01/29(Sun)22:56:19 編集
無題
はじめまして。
昨日、ブログ村の新着リストで、えらくローカルな名前がでてたのでやってきました。

あの奇岩は「くじら岩」とよんでました。正式名称かどうか知りませんが。
子供のころはよく登ってました。神社周辺は子供の遊び場には、なかなかいいと思いませんでしたか。最近は安全やらなんやらウルサイもしれませんが。


あと、土俵では秋に近所の子供の相撲大会をやってます(ました)。

以上、故郷を離れて30年近くなろうとしているオヤジでした。
わいだ URL 2012/01/29(Sun)22:17:14 編集