忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[01/15 あき]
[12/30 あき]
[12/24 あき]
[11/23 ボンド名人]
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
そんなこんなでツール・ド・大山に参加してまいりました。いけnet君は初参加です!
昨晩、9時過ぎには寝て、今日、目が覚めたのが午前3時ごろwww
いろいろ準備していると、TVでサッカー、ヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグの決勝(バイエルン・ミュンヘンVSチェルシー)を生中継でやっておるではないか!ついつい見入ってしまった。( ̄▼ ̄)
バイエルンのミュラーのゴールで勝つと思いきや、チェルシーのドログバが起死回生の同点ヘッドを叩き込み、延長でも決着がつかず、PK戦へもつれ込んだ。
と、ここで出発の時間~。ww

クラウド選手とともに大山へ向けて出発した。

▼海が見える素晴らしいロケーション
ツール・ド・大山 #1

会場についたら、海と山の景色がサイコーなのに感動する。天気もあんまし暑くなさそうでラッキー♪
などと浮かれていたら、ボトルを忘れた事に気づき、己のアホぶりに呆れるの図~。ww

クロモリ会の皆さんから、ボトルの予備を貸してくださるとの有り難い気遣いを戴いた。
丁度会場に自転車屋さんが店を拡げるべく準備しているのを発見し、ボトルを売ってもらい、事なきを得た。
朝からサッカーに気を取られているから、こんな事になるネン!反省!

ところで今日参加したのは、クロモリ会の重鎮・JUN吉さん&shinさん、クラウド選手、じょにお選手、GIRO選手に、ボトルを忘れる男の6人です。ww

ツール・ド・大山 #20

▼今年からコースには分かりやすい表示ペイントが!
ツール・ド・大山 #2

▼スタート&ゴール会場
ツール・ド・大山 #3

やがて、セレモニーが始まり、偉い方の挨拶が始まりました。

▼実行委員会会長さん(左)と、小原工さん(右)
ツール・ド・大山 #4 ツール・ド・大山 #5

小原さんの挨拶は短め。さすが、よく分かっていらっしゃる。

▼大山をバックにサイクリスト達をパチリ
ツール・ド・大山 #6

今年は何と参加者が650人ほどになったそうな。
31人ずつに分かれて、1分間隔でスタートです。小分けにしたためか、最後まで人がバラけて走りやすかったですね。
やがてスタートしましたが、アホみたいにイキナシかっ飛ばす素人が居ない。皆さん、コースを熟知しているのか?参加者のレベルの高さを垣間見た感じがした。

▼大山は雄大ですのぉ~
ツール・ド・大山 #7

▼面白い形の山
ツール・ド・大山 #8

▼烏ケ山かな?HDR化してみた。
ツール・ド・大山 #9

とりあえず第一チェックポイントまで来た。この頃は、全然余裕だったが、、、

ツール・ド・大山 #10

▼ドラ焼きをありがたく戴く
ツール・ド・大山 #11

チェックポイントには、補給食が豊富に用意されていて助かった。ドラ焼き、バナ~ナ~、クッキー、おにぎり、大山の名水、梅干など。

ツール・ド・大山 #12

途中、下りで落車した人も居て、下りは特に気を引き締めて走ることにした。ただし、見通しのいい下りは全開で行く。ww

ツール・ド・大山 #13

▼船上山のびょうぶ岩
ツール・ド・大山 #14

▼第二チェックポイント
ツール・ド・大山 #15

▼ゆるやかな登り
ツール・ド・大山 #16

この頃から段々と太ももの裏がピクピクしてきた。距離にして70kmを過ぎたあたりだろうか。何かもう、完走出来ないんじゃないかと思えるレベル。。。
この時、いけnet君は心の中で先日訪れた足王大権現さまにお祈りをした。「我をゴールまで導きたまへ~」
足王様のおかげか、何とかカンとか太ももの裏を誤魔化し誤魔化しペダルを漕ぐ事に成功。

登りがあるとは言え、簡単に足が攣るようでは、こりゃ、まだまだ、練習がボロネーゼ、、、じゃなかった練習が足りねーゼって事でしょうな。www

ツール・ド・大山 #17

最後の3.4kmの激坂ですが、もう拷問というかw、罰ゲームというかw、荒行のような感じ。
何とか足が攣らずに登れたのが奇跡的。足王大権現さまにお礼をしなければなるまい。

やがて、ヘロヘロになりながらも歓喜のゴールを迎える。アナウンサーの実況もあって気分はヨス!

▼トン汁をありがたく戴く~。
ツール・ド・大山 #18

▼サイコーのサイクルイベントで御座いました。
ツール・ド・大山 #19

こんな感じで、無事走り終えることが出来ました。
天気、コース、参加したサイクリスト、全てが素晴らしく、また来年も参加したいイベントで御座いました。
参加した皆さん、お疲れ様でした。
大会事務局の方、ボランティアの方、沿道で応援してくれた地元の方、ありがとう御座いました。~( ̄∀ ̄)

(サイコンデータ)
距離:83.2km
最高速度:62.5km/h
時間:4時間09分
平均速度:20.0km/h

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←ポチっとお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>tomozinさん
お疲れ様でした!
大事なボトルを忘れるなんて、初めての事で結構、慌てました。w
皆さん、ボトルを貸してくれると言って下さったのですが、いけnet菌がボトルに付着してもイケないので会場に売っているのを見つけたときはホッとしましたよ。w
来年は腹回りの重りを取っ払ってw、tomozinさんのように華麗にヒルクライムしたいッス!
いけnet 2012/05/22(Tue)05:21:47 編集
おつかれでしたー
ツールド大山、お疲れさまでした!
出発前のサッカー実況ツイートからの
ボトル忘れの流れ、失礼ながら笑ってしまいました(すいません)。
何事もネタに昇華するブロガー根性、
自分も見習いたいと思いますっ。

ともあれ、イベントは天気も景色も運営も
言うことない、最高のイベントでしたね。
来年もぜひご一緒しましょう!
tomozin URL 2012/05/22(Tue)03:09:07 編集
>じょにおさん
お疲れ様でした!
ボトルを忘れるというチョンボでお騒がせいたしました~。
初めて参加しましたけど、コース、雰囲気等、素晴らしい大会ですね。
来年も参加し、ドラ焼きを何個食べれるかに挑戦したいです。w
いけnet 2012/05/22(Tue)01:50:44 編集
お疲れ様でした!
初参加ながらあの走り、さすがで御座いました。しかも、ボトルマターで普段通りではなかったと思いますし…。
コースレイアウトのえげつなさがツールド大山の真骨頂ですね。でも、来年も必ず戻って来たくなるほど、ホントに魅力満載なイベントですね。スタッフの皆さんと地元の皆さんのご尽力とご協力の賜物だと思います。
じょにお URL 2012/05/21(Mon)21:01:04 編集
>shinさん
お疲れ様でした!
最後に最難関を持ってくるというコースレイアウトに参りました。
ただ、走りきってしまえば不思議と苦しかった事を忘れて(笑)、スガスガしささえ感じてくるから不思議です。
来年に向けて切磋琢磨する所存です。
いけnet 2012/05/21(Mon)17:57:58 編集
お疲れ様でした
 いや~なかなか厳しいコースでしたね。坂、坂、坂の連続に完敗でした。景色も素晴らしかったですが、私にはそれを楽しむ余裕は全然ありませんでした。
 いけnetさんをはじめ、クロモリ会メンバーは速かったですね。皆さんに全然ついて行くことが出来ず、寂しい一人旅となってしまいました。来年は一緒に走れるよう頑張りたいと思います。
 
shin URL 2012/05/21(Mon)05:57:09 編集