忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[07/09 くら]
[07/08 shin]
[07/07 kura]
[06/26 くら]
[06/12 kura]
[05/19 くら]
[05/19 shin]
[04/25 F]
[04/23 shin]
[03/26 くら]
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
それで、アテンザのエンジンは掛からなかった訳でございます。
またもや、軽トラと接続して、何とかエンジンは掛かりました!
朝5時頃の出来事でございます。
途中、コンビニに寄った時も、エンジンを切らないようにして何とか英田の国際サーキットへたどり着きました(笑)。

▼60kmもありました。
IMGP8919

天満屋ハピータウンカップ2009 第18回サイクル耐久レース in 岡山国際サーキットへ出場した訳ですが、今日はチームクロモリから、会長、T野選手、K林選手、K井選手、ホープK坂君、いけnet君の6名が参加しました。6時間オープンに3名ずつの参加です。
蒜山メディオフォンドのリザルトから同タイムになるように、2チームに分け、雌雄を決することになりました。

▼受付を済ませゼッケンをもらう。自転車も準備完了。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #1 サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #2

早速、会長が申込書を忘れてくるというトラブル。でも、大会オフィシァルに受付けてもらったようです。

▼天気も青空でサイコーです!
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #3

▼これは電子計測のバンド。なぜか、内側の黄色部分を外側にしてるチームが多かった。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #4
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #6
右はお楽しみ抽選会の戦利品。っつーか残念賞(!)のタオル▲

▼サイコーのコンディションで国際サーキットを走れる!
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #7

いけnet君は、国際サーキットを走るのは初めてです。
遂に、あのアイルトン・セナと同じ舞台に立ったのです!
カテゴリーは全然違いますけど(笑)。しかも逆方向に走るし。。。

▼いよいよスタートです。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #8

▼スターターは会長とホープK坂君が務めました。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #9

下馬評を覆し、会長は若手のホープK坂君を抑えて先にピットイン。
会長としての面目を保った瞬間でした!
チューブラータイヤとノーマルクランクを投入したのが奏効したのでしょうか?
会長の饒舌さに拍車が掛かってまいりました。

続いて、T野選手と、いけnet君の2番手対決となりましたが、差は開く一方です。T野選手、速過ぎです(笑)。
なんと、6′00″というラップタイムまでたたき出しました!

ところが、電子計測チップのバンドを紛失するトラブル発生!
なんと、転倒に巻き込まれたときに外れた模様です。ともあれ怪我がなくて何よりです。

▼パフォーマンス的な参加者も多かったです。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #10

途中で、何とN尾師匠登場!
驚くなかれ、自転車で国際サーキットまで来たそうです!
皆の走り具合を見届けてから、温泉に向かいました。

▼各選手の華麗なフォーム
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #11

サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #12

サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #15

▼ピットワークも順調です。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #13

▼外人さんが会長と同じ三連勝を駆って疾走しておりました。
サイクル耐久レース in 岡山国際サーキット #14

途中、2時間レースのゴールのためピットがふさがれ、いけnet君は3周予定のところを6週するハメに。
週末の鍛練が功を奏したのが、何とか走れました。

それにしても、参加人数が多くて、2時間コース、3時間コースのレースが終わるまで走りにくかったです。
パフォーマーや子供(中学生くらいか?)と、ガチガチレース派のシト達が同時に走るのって危なくないですか?
実際、子供は予想だに出来ない動きをするので、結構危なかったし、実際転倒している子もいて可哀想だったなぁ。

そして、見事にチームクロモリは2チームとも無事、完走を果たしました!
結果は明日あたり、HPにアップされるでしょう。
皆さん、オッツーでございました!

▼そいで、帰りにATENZAのエンジンがかからねーでやんの。Orz
バッテリーいっちゃいましたorz

K林さんのシビックハイブリッドとバッテリーを接続させてもらい、何とかエンジンが掛かり、無事家までたどり着きました。
ありがとう、命の恩人・K林選手!

距離:62km(17周)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字