忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[03/21 くら]
[03/21 shin]
[02/27 くら]
[02/26 くら]
[02/08 shin]
[01/12 くら]
[11/17 shin]
[11/10 HTR]
[07/09 くら]
[07/08 shin]
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
衝動買いしていた小型ポンプが部屋に転がっていたので♣コルニャーゴ(COLNAGO CLX2.0)に取り付けていたのでありやす。

▼その小型ポンプとは、air bone(エアボーン) スーパーミニポンプです。
air bone スーパーミニポンプ #1

Amazonのセールで通常より300円以上安くなっていた(1,590円)ので、思わずポチってしまっていたのでした。( ̄▼ ̄)
カラーによってはもっと安かったw
タイヤをコンチのGP4000Sアタック&フォース、SがつかないGP4000などに変えてからほとんどパンクしなくなったため、デカいポンプを持ち運ぶのも、何だかなぁ~と阿藤快風に思っていたのでした。

そして、コンチにした後のパンクも、古いチューブを使っていたためだったり、タイヤの取り付け時にラテックスチューブを噛みこませていたためだったりで、タイヤに起因するパンクはゼロですし。
ただ、1回悪路を走った後、4000km以上走ったコンチのGP4000Sのサイドが怪しくなったこともありましたけど、あれは砂利道を通った自分が悪かったw

▼中身はこんな感じ
air bone スーパーミニポンプ #2

キチンとホルダーも付いていますし、ボトルケージと同時取り付けが可能なタイプです。
仏式用のアタッチメントも付いていますね。

▼大きさをiPhone5と比べてみるw
air bone スーパーミニポンプ #3

約10cmという、驚くべき小ささです。重さは何と59g!

air bone スーパーミニポンプ #4

▼ホルダーにはめた図
air bone スーパーミニポンプ #5

注入口をはめてから、そこを支点にして本体部をホルダーにはめれば、安定して固定できます。マジックテープでのカバーがありませんが、落ちることは無いでしょう。

▼取り付けてみた
air bone スーパーミニポンプ #6

ボトルケージとの同時取り付けが可能になったため、コルナゴカーボンボトルケージを取り付けた時に、不要となっていたボトルケージを復活させました。
これで、ツーボトルでの走行が可能となりました~

で、実際に使い勝手はどうなのよ?ってところですが、実際にコンチのGP4000Sを取り付けた時に使用してみました。
長州力のブルワーカーよろしく、両手で胸の前でシュコシュコやっていると、最初全然チューブが膨れてこないので一体何回やれば空気がパンパンになるんだろう?などと思いましたが、1回1回確実に空気が入っているのが分かり、徐々に膨らんできます。
そして、意外に300回くらいで結構タイヤの空気圧が上がるのが分かりました(盲パイで)。計ってみると4kg/cm2くらいでした。
そこから更に入れてみましたが、1回で入る空気量が少ないためか、多少固くなるものの無茶苦茶固い訳ではなく確実に空気は入って行きます。いけnet君の腕力なら相当高めの空気圧にできそうです。

▼全体図。ポンプの小ささが際立つw
air bone スーパーミニポンプ #7

▼反対から見ると、ポンプの存在さえ気づかないwww
air bone スーパーミニポンプ #8

こんな感じで、軽量化にも寄与できたし、ツーボトルにもできたし、見た目も良くなったし、ナイスなポンプ導入でした~( ̄∀ ̄)



にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←ポチっとお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字