忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[11/23 ボンド名人]
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
昨日の続きです。
一番大きい磨崖仏が姿を現しました。

磨崖仏 #4

この岩も結構、オーバーハングしてますね。

▼拾四番と書いてあります。 後光が差しているような感じですね。
磨崖仏 #5

この左奥にも磨崖仏がありました。

▼第十五番 山城国 観音寺とあります。
磨崖仏 #6

▼振り返るといい景色です。
鴨方城跡 #9

鴨方城跡 #10

▼第十六番
磨崖仏 #7

▼鴨山城跡の碑が現れました。
鴨方城跡 #11

鴨方城跡 #12

▼浅口の山城遠景が解説されています。
鴨方城跡 #13 鴨方城跡 #14

▼山頂に到着。三角点もありましたが、奥に更に高いところがありました。何で???
鴨方城跡 #15 鴨方城跡 #16

さて、ここから来た道を引き返すのも何なので、このまま進んで舗装道からの下山を試みる。

▼新しい説明看板
鴨方城跡 #17

こちら側にも磨崖仏が登場しました。

▼第十十番(20番ということか?)
磨崖仏 #8

▼第十十壱番(第21番)丹波国 穴太寺
磨崖仏 #9

▼駐車場からの登り口に着きました。
鴨方城跡 #18 鴨方城跡 #19

▼このような説明資料が備え付けのポストに。
鴨方城跡 #20

▼急斜面を下って帰るより、今回のように登りで急勾配をクリアし、舗装道を歩いて帰るのがおススメですね。
鴨方城跡 #21

結構楽しめた鴨山城跡でした~

▼帰りにも備中国分寺にて
DAHON visc.P20 #84

こんな感じで、マニアックなライディングは終了です。
いずれまた、あの石仏や磨崖仏を1から順に巡ってやろうと企んでいる、いけnet君なのであった。

距離:90.8km

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ←ポチっとお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字