忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
[06/14 きっち]
[06/09 HG]
[06/05 HG]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
急遽、仮想「メディオフォンド雲海ステージ」として、強化練習走行会を行う事となりました。
参加メンバーは、新たに参加を検討されているN山選手に、K森会長いけnet君、そしてN尾師匠が緊急参戦です。(N山選手はブロガーとしても活躍されてます。)
K森会長は、昨日百間川マラソンに出場、N尾師匠は一昨日チーム岡山の練習会に参加しており、強行スケジュールでの参加です。
コースは小田川沿い~竹林寺山天文台~玉島を通るルートに設定。
果たして、N山選手が雲海ステージを走破できる実力を備えているのか?見極めることにしました。
(などと思っていましたが、驚きの結末を迎えます。)

集合場所の、きびじアリーナへトレっ君(TREK 7.3FX)を飛ばします。
途中の、吉備津神社近くの宇賀神社ではしだれ桜が咲いていました!

宇賀神社 #1

▼パノラマを作成してみました。(クリックで拡大)
宇賀神社 #3

▼備中国分寺では相変わらず菜の花が綺麗に咲いておりました。
菜の花

きびじアリーナへ到着すると、既にN山さんが待ってました。

TREK 7.3FX BLUE&WHITE

N山さんのバイクはブルーTREK 7.3FXの2010年モデルです。新車と言う事もあり、鮮やかです。
いけnet君もブルーが欲しかったのですが、2009年モデルにはブルーの設定が無く、ホワイトにした経緯があります。
センタースタンドもキマってます!

この後、高梁川土手~小田川土手を走りました。
徐々にペースを上げ、30km/h前後で走りましたが、N山さんは余裕で着いて来ます!
そして、一言。
「楽しぃー!」
32Cの太めのタイヤで着いて来ます。す、凄い。

竹林寺山天文台への坂も、N尾師匠のアドバイスを受けながら、結構、平気で登っていきます。
そして、天文台の駐車場に到着。

▼TREK 7.3FX(BLUE)、同ホワイト、N尾師匠のアンカー、会長の3連勝。
竹林寺山にて

▼会長の3RENSHOは上手い具合に黄色をマブしてました。
3RENSHO

▼せっかくなので天文台に行ってみました。
竹林寺山天文台 天体望遠鏡

▼天文学に興味を示す3人。
見学する3人

この後、寄島まで行き、玉島方面に走りました。

▼途中の展望所でパチリ。
水島灘 #2

▼またまた、パノラマ作成。(クリックで拡大します。)
水島灘

▼新車のTREKを試乗する会長。
TREK試乗

この後、倉敷へ向かい、腹ごしらえをすることに。

かっぱでとんかつをいただき、オサレな喫茶でコーヒーを飲みました~v。
かっぱ オサレな喫茶

かっぱの女将さんは、自転車で来たと言うと興味津々で、わざわざ自転車を見に来ました。もしかしたら、買うかも(笑)。
どちらも大変美味しくて、サイコーでした。N山さん紹介の喫茶も雰囲気サイコーでした。
いいところを教えてもらいました~。

▼倉敷本町通り。雰囲気あります。
倉敷本町通り

この後、総社で解散し、無事帰りました。
いい天気でサイコーの一日となりました。
そしていい練習になりました。

結局のところ、N山さんは雲海ステージを走破出来る脚力を十分持っていることが明らかになりました!
それどころか、いきなり、会長や、いけnet君を脅かす存在になりそうです(笑)。

▼本日のデータ。
IMG_0300

IMG_0298

111.11

距離:なんと、キッカシ111.11km

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ←ポチっとお願い致します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: