忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[07/09 くら]
[07/08 shin]
[07/07 kura]
[06/26 くら]
[06/12 kura]
[05/19 くら]
[05/19 shin]
[04/25 F]
[04/23 shin]
[03/26 くら]
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
何か朝起きると腰がリトル痛い。。。
この感覚は、昨年12月に吹屋へライディングした時以来だ。

んー、でも今日は天気も良さそうだし、気温も高そうだし、気をつけながら無理をしないようにライディングする事にしよう。
って事で、目的地を吹屋へ行った時は通行止めになっていた県道300号の羽山第二隧道に設定。
ここは、トンネルマニアの間で有名な所だ。

♣コルニャーゴ(COLNAGO CLX2.0)で走り出すが、やっぱ腰に違和感が。。。
腰を丸める形で前傾姿勢をとりながら進んでいく。

▼午前中は少し曇ってました。備中国分寺にて。
COLNAGO CLX2.0 #38

▼鬼ヶ岳ダムにて
COLNAGO CLX2.0 #39

▼鬼は外ってか
COLNAGO CLX2.0 #40

ナイスな鬼の前で休憩しながら進んでいきます。
県道35号をひたすら進んでいくと、成羽川土手に出ました。

COLNAGO CLX2.0 #41 県道300号

県道300号をひたすら進んでいくと、羽山発電所登場。

羽山発電所 県道300号 #2

そして、通行止めになってた工事の跡が右上の写真でしょうな。土砂が崩れても壁が阻止する形になってるっぽいです。
しばらく走ると、羽山第二隧道が出てきました。

羽山第二隧道 #1

完全素堀りのトンネルらしいですね。
結構迫力ありますが、驚くのはこのトンネルを抜けた後です!

▼何だ?これは!
羽山第二隧道 #2

羽山第二隧道 #3

何と、トンネルの出口って言うか、反対側の入り口は、鍾乳洞になっているのです!
初めて通る人は、ビックラこくでしょう(笑)。どこ走りゃいいんだ?って。
某TV局のナニコレ珍百景の音楽が頭の中で鳴り響きました~(笑)。

▼遠景はこんな感じです。
羽山第二隧道 #5

もうひとつビックリしたのは、このトンネルを抜けると美女が一人、待ち受けていて出迎えてくれたことです。
自転車で来たので、向こうもビックリしてましたが(笑)。
彼女は何をしているのか聞いたところ、何と友達がロッククライミングしているとの事。
上を見上げてみると、、、

ロッククライミングしてる

ぬおーーー!ほとんどぶら下がるような形でロッククライミングしてます。(拡大してみると良く分かります)

羽山第二隧道 #4

ついでに、第一隧道まで行ってみることに。
2kmほど走るとありました。

▼羽山第一隧道
羽山第一隧道 #1

▼出口が見えます。トンネルを抜けるとトイレもあります。
羽山第一隧道 #2 羽山第一隧道 #3

▼少し進むと凄ひオーバーハングの岩が。
凄いオーバーハング

十分満足したので帰ることに。
ちなみに、この道を進んでいけば、吹屋へ行ける訳で、前回吹屋へ行こうとした時も、このコースを通ろうとしてた訳です。
何とか、腰の違和感を誤魔化し誤魔化し、帰って来れました。気温が高めなのも幸いしましたね。
昨年の心残りを解消できて満足で御座います。

距離:119.6km

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ←ポチっとお願いします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
中はフツーです
ヒロさん、どうもです。
中々ナイスなトンネルでしたよ。長さも短いです。
通行止めが解除されたのも好都合でした。
昔の事なんで、鍾乳洞を利用することで掘る経費が抑えられて良かったのかも(笑)。
いけnet 2011/02/06(Sun)03:06:24 編集
ゲゲッ
なんとまあっ、すっごい道があるんですね。
岩山のトンネルにはビックリです。
トンネル内はどんな感じですか?
鍾乳石っぽいのがウニョウニョ?・・んなことは無いでしょうけど。
しかしなんでこんな所に道を作ろうと思ったんでしょうねぇ?
ヒロ URL 2011/02/05(Sat)22:03:17 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: