忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[10/03 きっち]
[10/03 kura]
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
カウンター
アーカイブ
今月の文藝春秋には注目である。

それは、名著「拒否できない日本」で知られるノンフィクション作家・関岡英之氏による渾身のリポート「奪われる日本」が収録されているからだ。
関岡氏については、アメリカ批判をしたいけれども過激すぎてマスコミから止められているという政治評論家の森田実も絶賛している。

「拒否できない日本」については以前にも触れた事があるが、amazon.comでは何故か購入できない状況が続いているらしい。
これは絶対に、アメリカの差し金である。
売れる本を売らないという矛盾した事をするアマゾンもどうかしているが、それだけのパワーがこの本にはある。

数年後の日本がどうなっているか知りたければ、アメリカの「年次改革要望書」を見れば、良いという訳だ。
郵政民営化により、簡保の百二十兆円市場をコジ開けたアメリカは、次に医療と保険制度を狙っているという。
先の国会でも、郵政民営化がアメリカの「年次改革要望書」に沿ったものではないかとの民主党の追求があったが、サラリとかわされてしまい、さしたるインパクトも与えなかった。

知らないのは、ノホホンとしている一般ピープーのみなのだ。知っている人は、大変な事だと気づき始めている。もう手遅れと危機感を抱いている。
なのに骨抜きに成った日本国民は最近では牛肉の輸入再開にも違和感を持つものは少数派らしい。
輸入しても狂牛病になると解って買った人の自己責任なのだから仕方ないとの理由をいう人もいる。
この警告リポートの終わりには、訳の解らない改革が誰にも止められず、この政権を選択した国民の自己責任と言う事になる、とアフター・ザ・カーニバル(後の祭り)状態になるとの予想までなされている。
いやはや、アメリカナイズされていく日本ってどうなんだろね?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: