忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[04/27 めう]
[04/25 きっち]
[04/23 shin]
[04/11 SIRIUS]
[01/29 shin]
[01/11 きっち]
[10/30 OK]
[10/30 OK]
[10/25 くのいち麺通団]
[10/24 shin]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
アーカイブ
アクセス解析
カウンター

先日のブルース・スプリングスティーンつながりなんだけど、「失業ロック」って曲を紹介しよう。(1982年リリース)
ゲイリー・US・ボンド(Gary U.S. Bonds)という人の曲で、作詞、作曲、プロデュース、アレンジをしたのが、"ボス"こと、ブルース・スプリングスティーンだ。
そして、Eストリートバンドのギタリストのリトル・スティーブンもプロデュースに加わっている。
ボスがゲイリーの唄を良く聴いていたことから、プロデュースすることになったようだ。
この「失業ロック」原題「Out Of Work」はゴキゲンなロックチューンで、サウンドはモロ、Eストリートバンドのそれである。

*試聴こちらから


「Out Of Work」って直訳すると、「失業中」とかいう意味なんだけど、タイトルを「失業ロック」としたのはスゴイ!
変な邦題としても著名な1曲である(笑)。
この曲がリリースされた1980年代はアメリカも不況だったっけ?
そんな中、元気を出せという意味と、世の中を風刺するという事で、リリースされたんだろな。アメリカならでわって気がする。
日本で今、「失業の唄」とか、「ハケンのブルース」とかリリースすると、不謹慎だの、バカじゃないのかとか、お前アホだろとか色々言われるだろう。
こんな唄を歌えるとしたら、トンがってた頃の泉谷しげるか、忌野清志郎くらいだろう(笑)。
 

そもそも、このゲイリー・US・ボンドさんの、「USボンド」って、アメリカ国債のことで、名前に取り入れるってゆーところがスゴい!
日本で言えば、「赤字国債太郎」とか「個人向け国債一郎」とか言う事になろうか(笑)。

Stray Cat #41 

この唄は、失業中の男のことを歌っているんだけど、歌詞を一部紹介しよう。
(翻訳:いけnet)
 

♪彼女を迎えに行くぜ
彼女の名前はリンダ・ブラウン
彼女の父親に、お呼ばれしたぜ
彼は私に座るように言った
世間話は、かなりスムーズだ
ところが、彼は爆弾発言を言い放った!
"それはそうと、君の仕事は何なんだい? "♪


はは、ドラマの1シーンのようだ(笑)。
外にも、もう一箇所ご紹介しよう。


♪ヘイ、ミスター大統領。あなたにプランがあるのは分かってる
無力なすべての人を支援することをやってくれている
俺たちも、インフレを抑えるためにベストを尽くす
俺を、あなたの車の運転手に雇ってくれても良いんだぜ♪


と、なかなかウィットに富んでいる。いかにもボスらしい歌詞だ。
当時の大統領は共和党レーガンさんで、ボスの風刺もなるほどと思わせる。
ちなみにボス(スプリングスティーン)は、ここんとこ民主党を応援している。当時から応援してたのかな?


それにしても、なかなか面白い曲だなぁ。
世界的不況の今だからこそ、再評価されてしかるべき一曲であると思わせる。
このブログから火がついて、再ヒット!、、、なんてことはないか(笑)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<< 銭っ子 HOME 矢掛本陣 >>