忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
[06/14 きっち]
[06/09 HG]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
<font color="#000000">度重なるリコール隠しにより、一旦地獄を見た三菱自動車が、新たな出直しを誓い、外国人社長を迎えて、一丸となって社の再建に打ち込んでいたところに、またもや不祥事が起こってしまった。
今度はトラックのリコール隠しである。タイヤが脱輪するのは、強度不足であることを整備不良だと言い抜いた事だ。これはまるで、薬害エイズ問題のミドリ十字みたいではないか!或いは、六本木ヒルズの回転ドア問題とも通ずるものがある。
タイヤ脱輪事件が問題となり、ダイムラー社が支援打ち切りを表明したのは当然といえば当然のような気もする。ダイムラー社も、そんな会社を支援する理由はないだろう。カルロス・ゴーン気取りで就任していた外人社長が気の毒なくらいであった。
安全性より会社の利益を優先するという会社が、生き残っていいのだろうか?これはもう、会社の体質なのだと言っていいのではないか?
三菱自動車関係者の皆さんには申し訳ないが、三菱自動車は潰れた方が良いのではないだろうか?(関係者の方がいたら御免なさい)
いっそのこと、そんな尊敬するに能わざる企業は破滅した方が健全ではないかという気がする。破綻した後、別の会社に吸収されるなりしないと変わらないのではないか?
危険な社風が身に付いた幹部が総退陣しない限り、三菱自動車の再建はないであろう。</font>
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字