忍者ブログ

デジタルカメラで写真を撮るために自転車に乗る そんな男が居てもいいw

プロフィール
HN:
いけnet
性別:
男性
趣味:
カメラ ゴルフ 自転車 パソコン
自己紹介:
岡山県在住のネコとデジカメと自転車が好きなオサーンのブログ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
にほんブログ村
Twitter
Flickr badge
www.flickr.com
ZOOIKENET's items Go to ZOOIKENET's photostream
最新コメント
[08/20 shin]
[08/13 くら]
[07/16 くら]
[07/15 shin]
[07/13 ヤブキ]
[06/19 F]
[06/18 kura]
[06/18 shin]
[06/14 きっち]
[06/09 HG]
PENTAX
ブログ内検索
ブログ村ランキング
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
ニュースステーションにStingが出演していました。
あの、元ポリスのベーシスト&ボーカルのStingです。7年ぶりの出演だそうです。

TVで見るのは、海外ドラマの「アリー・myラブ」にゲスト出演しているのを見て以来だ。その時は、相変わらず若々しいなーと思っていた。
だが、今日みたStingは、時の流れの罪深さの露呈を禁じ得なかった。一体何歳になったのだろうか?
頭部というか額、つまりおでこの面積が明らかに拡張しているのである。
これは、あたかも同じブリティッシュ系のイングランド代表の名将・エリクソン監督<img src=http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Sumire/9952/erikson.jpg>を彷彿とさせる。どちらもインテリジェンスを感じる額である。また、男の苦悩も感じさせる。
そして、司会の久米宏と70センチほど距離で向かい合う姿は、<font size=5 color="#ff0000">日英ミドルエイジおでこ後退合戦</font>の様相を呈していた(笑)。
だが、俺の中では、「見つめていたい」の頃のStingが、永遠に続くような錯覚が今でも強く渦巻いているのであった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字